Pocket

この手法ではそれなりの裁量要素もありますがとてもシンプルなBET方法を使います。
皆さんご存知のマーチンゲール法です。

マーチンと聞くと嫌な印象を持つ方もいるかと思いますが、
現にツイートしている通り過去には50連勝、現在は10/1から始めて28連勝とかなりの結果を残しています。再開してから現在まで負け無しです。

これは僕の過去の経験値を最大限生かして作り上げた投資法です。
この手法を使い資金管理を徹底することで1日単位の負けはあっても月単位、年単位での負けの確率は限りなく低くなると思います。
ぜひ皆さんも実践してみて下さい。

ただしあくまでギャンブルの域は出ませんし、世の中には必勝法というものは存在しないのでくれぐれも度を越えた金額でやることはしないようにお願いします。

また、最低限バカラのルールは知っている前提でお話を進めます。
分からない方はネット等で検索して最低限のルールを覚えてから読んでください。

※マナーとして無断転用はしないで下さいねm(__)m

まずは【discordサロンへの入会】をお願いします

実際に投資法をお伝えしていく前に、まずはサロンへの入会をお願いいたします。

サロンはdiscordというプラットフォームにて開設しておりますので、下記URLより必ず入会してください!

>>discordサロン入会はこちらから

①サロンには必ず入ってください。入ったらサロン内ルール、追加ルールを必ずご確認下さい。
このnoteを書いてからかなり情報は更新されていますし、進化もしています。
このnoteに記載されている手法をKIHONと呼び、新たにREKISHIという手法も考案して説明しています。

②noteやサロンの文章を読んでも理解がなかなかできない方の為にボイチャ配信をしています。
自由にどんな質問でもしてください。理解できるまできっちりフォローさせていただきます。

③その他特にルールは設けてませんので各自大人の常識を持って参加してください。
各チャネルの意味は各自理解して発言はうまく振り分けてくださいね。
別に間違えても何の問題もありません。気楽にいきましょう。通知が嫌な方はうまく非通知にしたりして各自対応してください。

④チャネルの開設等の希望があればいつでも言ってください。

⑤discordの開設方法等わからない方がいらっしゃればいつでもご質問ください。

それでは、投資法をお伝えしていきます!

ギャンブルを投資に変換する

ギャンブル投資法はまず頭の中でギャンブルを投資に変換する必要があります。
これはどういうことか。

一か八かでBetして毎回スリルを味わい大勝ちや大負けを繰り返すのがギャンブル。
対して投資は期待値や資金管理を徹底することで手堅く積み上げていくというものです。
例えば一日の目標利益を設定するだけでも勝率は上がる。
どんなに短時間だとしても目標利益に到達したら止めるのが絶対のルール。
仮に負けたとしても冷静に損切りする。

そして次にその目標利益に到達しやすい方法が何なのかを考える。
ゲームの種類、賭け方、Bet金額等・・・。

今回は理論上は1/2で勝てるバカラで、マーチンゲール法を使い、ギャンブルのように熱くならず冷静に投資として利益を積み上げていく手法です。

一部オカルト?と突っ込まれるようなところはあるかとは思いますが、長年のギャンブル経験の末辿り着いたこの手法は一つの「ギャンブル理論」としては大いに参考になると確信しています。

まず最初に決める事(あくまで基準)

①日利16%~32%に設定 ※推奨は3日間32%、その後下げる
②月利何日稼働するかによりますが、例えば月20日なら負け無しで320%~640%、負けを入れたとしても100%(原資倍)は最低でも狙えます。
③軍資金投資もギャンブルもあくまで余剰金でやることが大事なのであくまで無理のな
い範囲ですがわかりやすいのは日利100ドル狙いで軍資金310ドルです。
④1回のBet額原資の31分の1がスタート金額。
原資310ドルなら10ドルが最初のBet額になります。

よく知り合いからギャンブルについて聞かれますが、まず聞いているのは日利、月利どれくらい出したいのか、です。日利5,000円の人もいれば日利50,000円という人もいます。

それを達成するために原資がいくら必要か、というのを計算したり資金管理・配分を考えます。

そこは人によってバラバラなので、僕が目標に設定している日利20,000円を例にしてこの先書いていきます。

日利20,000円を狙う為に必要な原資は62,000円となります。
今後出てくる数字は日利5,000円目標の人は1/4、日利50,000目標の人は2.5倍で
置き換えていって下さい。
自分でどこかにメモしておけば何も問題ありません。

ちなみに、これだけ勝率高いのに僕が20,000円に設定している理由はやはり所詮ギャンブルであるから、
最悪負けても笑える金額に抑えたいから、別にこれでそんな大金稼ごうと思っておらず単なる暇つぶしだと思っているから、です(笑)
もっと稼ぎたい方はぜひ自分の予算の範囲内で高めに設定して下さいね。

マーチンゲール法のやり方

ネット検索すればいくらでも出てきますが、マーチンゲール法というのは立派な攻略法の一つです。
負ける度にベット額を倍にしていき何連敗しようが資金が続く限り勝てば最初のベット額分が利益になるというものです。

しかし闇雲に賭けていると1/2のゲームのはずなのに10連敗とかすることもあります。
いや、慎重に賭けていてもあります。

よく巷で見かける間違った情報は「1/2のゲームで10連敗するなんて天文学的な確率じゃん」というもの。

例えばルーレットの赤黒。赤が10連続したら次は黒に賭けたい。
気持ちはわかりますが、バカラやルーレットは全て独立事象なので毎回のゲームで必ず1/2になるんです。なので赤が10連続したとしても次に赤が来る確率は1/2なんです。

マーチンゲール法をやるにあたってこの誤解はまず解いておきたいと思います。

ではなぜ今回マーチンゲール法を採用したのか。

それはバカラには「罫線」を使った出目の予測があること、そして過去の経験値からマーチンが有効なタイミングを見つけたことが理由です。

こればかりはある程度信頼していただくしかないですし、実際に見ていると当然そのタイミングが間違っていることもあります。

そこを資金管理やマイルールの徹底で乗り切っていくという感じになります。
次ページでは実際に賭ける金額をお教えします。

実際の賭け金

以下が実際の賭け金額です。
5回目以内に勝てば20ドル勝てるという仕組みです。
※バンカーのコミッション5%は考慮していません

回数1回目2回目3回目4回目5回目合計
金額20ドル40ドル80ドル160ドル320ドル620ドル

原資620ドルで1セット20ドル勝ちを5セットで16%勝ち、10セットで32%勝ちとなります。
5回目の320ドルを賭けて負けたら残念ながら終了となります。

基本的にまず目指してほしいのは原資回収ですが、ここは人によって分かれます。

①10セット×3日で原資回収する
②5セット×6日で原資回収する

もちろん10セットよりも5セットのほうが時間も早いですし危険度は下がります。
まず負けないことを優先するのであれば5セットでもいいのかなと思いますが、
そこは後述するBetのタイミングを学んで実際に自分の目でバカラの出目を見て判断してもらえたらいいです。

とにかく1日のセット数は最低5以上とお考え下さい。
最悪負けた場合でも3~6日で原資復活できるというのはかなり大きいと思います。

※あくまで日利20,000円を目指す場合の金額です。先程お伝えした通りご自分の目標日利に置き換えて表の数字を変えて下さい。

Betするタイミング

ここが一番の肝になる部分です。

このタイミングがわからないとマーチンゲール法など怖くてやってられません。
経験値から導き出したBetするタイミングは・・・

「6連続(ツラ)目が出たら逆の目にBet開始」

バンカーが6連したらプレイヤーに20ドルBet、プレイヤーが6連したらバンカーに20ドルBet、これが基本形となります。応用形は後述します。

左の画像はバンカーが6ツラ、右の画像はプレイヤーが6ツラを作っていますね。
これが出たら次のゲームから逆の目に20ドル賭けます。(原資620ドル、日利200ドル目標の場合)
そして負けたら先程の表に従い倍額をBetしていき5回以内に勝ったら1セット終了となります。通常時は基本的にはこの6ツラが出るまで待ちます。

次に、下の画像を見てみてください。

小さくてわかりづらいですがこのサイトは12画面を同時に見れるサイトでして(画面サイズの問題で画像は8画面)
これを見ていただくと長くても8ツラで止まっているのがわかると思います。
ちなみにこの時は6ツラだけではなく罫線を見て5ツラで入ったりもしていたので5ツラ以降で勝った箇所を赤線引いてあります。
この2つの画像だけでみると14セット勝ててることになりますね。
マーチンゲール法なので後半になればなるほど怖さはありますが、結果5回以内に勝てば同じ勝ちなのです。
まずはこの「6ツラ目が出た後に逆張りBet開始」を覚えましょう。

Betするタイミング(6ツラ以外)

基本は6ツラ後に開始なんですが、状況によっては7ツラだったりそれこそ10ツラまで待ったりすることもあります。
ここからは基本の6ツラ目で入るべきかそうでないかを判断する基準を教えます。

まず下の図で罫線の呼び方を覚えて下さい。(罫線のルールはここでは省きます)
そして意識してほしいのは罫線は過去を繰り返す傾向にあるということなんです。(というかそう思ってやっています)

この状態で基本形であるプレイヤーの6ツラが大路(ダイロ)に出ているのがわかると思います。
基本形ではここで逆張りのバンカーに20ドルBetをするとなっていますが、実はこの場合は待ちます。
ぜひ見て欲しいのは「大眼仔(ダイガンチャイ)」、「小路(シュウロ)」の2つの罫線です。

この場合は、大眼仔が過去2列前に6つ赤がついています。で、現在は4つ。
ということは罫線は過去を繰り返す傾向にあるという考えからあと2つ赤がつく余地があるのでは?という風に考えます。
(=プレイヤーがあと2つ伸びてもおかしくないと読むということになります。)

また、同時に小路では過去2列前にに5つ赤が伸びています。で、現在は4つ。
大眼仔と同じ考えでいくならあと1つ赤がつく余地があるのでは?と考えます。
(=プレイヤーがあと1つ伸びてもおかしくないと読むということになります。)

このような場合大眼仔、小路どちらを優先すべきかは正解はありませんが、可能なら大きい余地を残しているほう、今回でいうと大眼仔に合わせあと2つ待って8ツラ後から入るようにしてください。

もちろんこの次普通に切れることも多々あります。しかしなるべく危険な香りのするツラには入らないほうがいいので、ここはぜひ覚えておいてほしいです。テーブルは他にもたくさんあるのですから焦らなくて大丈夫です。

大事な点なので引き続き事例を載せて説明します。

この場合では大路にて7ツラが出ています。
そもそもなぜ6ツラで入らなかったかというと、先程の例で説明したように小路にまだ伸びる余地があったからです。
(大眼仔は4つで切れ目ではありましたがあくまで余地の大きいほうを基準にする為この場合は小路を見ています)

小路が直前に青が6つついているので今回も赤が6つつくまでは待ちます。(赤青の色の違いは気にしなくていいです)
つまりもう1回プレイヤーが来て8ツラになるまではインしない例になります。
繰り返しますがここで入って勝つことも当然あります。

しかしなるべく交通事故(=5マーチンを超えるようなツラ)を避ける為に待つことは絶対に大事です。
過去の罫線は繰り返す傾向にある、というのを頭に入れてプレーしてみてください。

更にイメージしやすいように成功事例をご紹介します。

これは9ツラまで待ってインするのが正解だった目です。
大路で6ツラが出来た時大眼仔が4つ赤がついていました。しかし直前で青が7つついていることから
ルールに則って6ツラではインせず待ちます。(この場合は小路は関係ないです)

そして大路に9ツラが出来たタイミングで大眼仔の赤が7つで並びましたのでこれを切れ目と読んでインします。
結果1発目で勝利という最高の事例です。

ただ頭の切れる方ならお分かりかと思いますが大眼仔を無視して6ツラ後にインしていても4マーチン目で勝っています。
でも考えてみてください。
このツラがもし11ツラまで伸びたら負けています。(今回は伸びてませんけどね)
また4マーチン目ということは160ドルベットになっていてドキドキします。
結果論ではありますが罫線を見ることで全くドキドキ無しで1発目で取れたならそれが一番いいですよね。

くどいようですが、9ツラまで待っていたら8ツラで切れることも当然あります(笑)
でもやってみるとわかりますが、12テーブルもあればそこそこインするタイミングは来ます。
焦らず次のチャンスを待つのも大事です。

しつこいようですが最後にもう1例だけ、うまく写真に残せたので掲載しておきますね。

もうおわかりですよね?
6ツラが出現⇒(ここで罫線に伸びる余地が無かったらインして大丈夫です)⇒大眼仔、小路それぞれに1つ余地がある
⇒1回待つ⇒大路7ツラになり大眼仔、小路が過去に並び切れ目出現⇒ベット開始⇒1発目で勝利

これももちろんうまくいった例を見せているだけに過ぎませんが、
例えばこれで一発目で取れなかったとしても7ツラまで待っているので12ツラができなければ勝ちなんです。
罫線を読むことで1つでも多く交通事故までの寿命を延ばすのはかなり大事だという事を覚えて下さい。

ここまでしつこく力を入れて2つの罫線の絡みから待つことをご紹介してきましたが、
もちろん大眼仔、小路が全く伸びていない台なら大路6ツラでインして大丈夫です。
(大丈夫というか僕はインしています)

結果論ということはわかっていますが、このやり方を実行してから最高だったのは
10セット取るうちの実に9セットが初戦勝ち、残りの1セットが3戦目勝ちだったことです。
もちろん他の日に4マーチン目、5マーチン目に突入したこともありましたが、半分以上は1,2戦目で勝てることがほとんどです。

ただし、ラウンド数には注意が必要
マイクロの場合、ラウンド数が35を超えていたら入るのはやめましょう。シャッフルが来る可能性が高いです。

BETする上での注意点

この手法は決して6ツラが出たらインする、という簡単なものではありません。
あくまで目安が6ツラということであって実際は罫線理論、数字理論を使ってインを変え
ます。

この点はサロン内でしっかりレクチャーします。

エントリーは

KIHONの
①単独切れ目②同時切れ目③二(三)段階
赤目線の
①同時切れ目②二(三)段階

その他REKISHI、YOWAME改と幅広いエントリーが現在使われています。
サロンで学んでください。

サロン内にも新規の方向けに事例集をまとめてますのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめのバカラゲーミングサイト

僕はいつもアジアゲーミングというサイトでプレーしています。
これはオンラインカジノだとエルドアカジノ内のアジアゲーミング」というところからプレーできます。

理由はこれまたオカルトというか体感なんですが、
人気のベラジョン、ビットカジノ、その他エボリューションゲーミングのサイトだとなぜか交通事故急にツラができやすいというイメージを持っているからです。
(オカルトの域を出ないので無理にPaiza Casinoにすることは別にお勧めしません)

しかしアジアゲーミングの良さは

①過去の勝ち数字を見れる
②テーブル数がかなり多いので選択肢が多い
③プレイヤー、バンカーが勝った時に赤・青どちらの罫線がつくのか教えてくれる機能がある

という点です。
これは罫線が苦手な人にも優しい機能ですね。

アジアゲーミングはエルドアカジノというカジノサイトで遊べます。
下記から登録してください!(紹介者IDに『gyakuoku』と入力するのをお忘れなく!)

>>>エルドアカジノの登録はこちらから

独自マイルール

既にご紹介した部分だけでもかなりの期待値で利益は出ると思います。
実際にかなりの人が勝てているのでそれは間違いないとは思いますが、当然ギャンブルですので交通事故に遭う事は必ずどこかであります。

この交通事故を避ける為(単にビビるとも言う)、独自のマイルールを自分の感覚で作っていくことをお勧めします。
僕が作っているマイルールもご紹介しますが、これも決して正解というわけではありませんのであくまで参考程度でお考え下さい。

①自分がインしようとする直前のゲームで相手が8.9という強い手で勝ってきた時、インを待つ。
⇒例えばプレイヤーが5ツラしていて6ツラになるのを待っています。するとプレイヤーが8.9で勝ちました。
僕はこれをプレイヤーが強い時間帯と判断し待ちます。もし次も8.9なら更に待ちます。
これも結果論ですが、このやり方で3回連続8.9で待ち、次に7で勝ったのでその次にやっとインしました。
7ツラ、8ツラ、9ツラを8.9という強い手で勝ち、10ツラでやっと7勝ち、そこで初めてインして1発目で勝ちました。
(※これも6ツラ後から入っていれば結果5マーチン目で勝ててはいましたが)

②自分がインしようとする直前のゲームで7や8.9というそこそこ強い手でタイになった時、インを待つ。
⇒例えばプレイヤーに賭けていて7が出ます。バンカーの2枚合計が0とか1、そして3枚目に7.6を引いてタイに。
これも完全に感覚ですが、勝ったと思ってまくられると何か嫌な予感がしますのであえて一回インを待ちます。

③自分がインした後3回連続で8.9負けを喰らったらそこで順張りに切り替える。
⇒交通事故が出た時の過去の勝ち数字を見ると結構連続で8.9勝ちが続いているイメージがあります。
3連続するということはかなり強いツラと予想できるので事故に巻き込まれることを防ぐために順張りに切り替えます。
その場合マーチンしなくても例えば1-2-2とかベットコントロールすることを推奨しています。詳しくはサロンでのボイチャで説明しています。
この切り替えは慣れるまではやらないでいいと思います。まずはインを厳選して数字を見ながらマーチンできるメンタルを鍛えましょう。

④ターボテーブルではベット額変更が間に合わない場合があるので自信がある時以外はインしないほうが無難。
⇒10~100ドルリミットのテーブルでは4マーチン目からリミット変更して開きなおさなければいけません。
しかしターボテーブルだと慣れてないうちは間に合わないのでターボテーブルは避けるほうが無難です。
ここでご紹介したのはあくまで僕の独自ルールです。できれば皆さんも基本形を覚えた後、上記のようなマイルールを
独自に作ってもらえたらいいなと思っています。サロン内ではかなり多くのマイルールが話し合われているので参考にしてみてくださいね。
一応僕は相当な年月罫線を見続けて来ているのでそれなりに自信を持ったマイルールを作ったつもりです。
しかしぜひ皆さんも独自マイルールを作って共有してもらえたらお互いに参考に出来ていいのではないかと思っています。

意識してほしい事

●ゴール数をなるべく少なめに設定する

⇒お勧めは3日間続けて10セット200ドル(32%)に設定してまず原資を回収しましょう。
⇒原資を回収したら以下2パターンどちらかを選びましょう。
①5セット100ドル(16%)でゴールにする
②原資を倍にして40ドルからスタートし5セット200ドル(16%)でゴールにする

とにかく10セットをずっと続けるよりは早めに5セットに設定を下げたほうが安心なのは間違いありません。
僕の連れで原資を倍にしても更にずーっと10セット取り続けている奴もいます(笑)
その連れは1日5万設定で原資を回収し、今は原資を倍にして1日10万です(笑)
ただお勧めは極力ゴールを下げること、それでも日利を落としたくない方は原資を回収した後に原資を倍にすることです。

●リセットの大事さを知る

⇒3マーチン目で仮にビビッてしまってリセットしたとしても7セットでチャラに戻せます。
僕の連れは4マーチン目負けてビビッてリセットし、15セット取ってチャラにしたプラス10セット取ったりもしてます。
やればわかりますが、事故はどこかで来ますがその後かなりの高確率で取り戻せています。
人によっては取り戻す時にベットを倍にして効率よくするのもアリだと思います。
5マーチンやられたからといって絶望しないで下さい。3日で取り戻せますしその気になれば(お勧めはしませんが)1日で取り戻せたりもしますので(笑)

長い目で見てルールさえ守れば負けることはほぼ無いと実践して確信しています。
まずは20ドルスタートではなく1ドルとかでも構わないので試してみましょう。

そして交通事故が起きるのもぜひ目撃してみてください。そしてその事故をどうやったら防げてたかな?と頭の中で考えて下さい。
どうしようもない事故もありますが、それでも大丈夫です。取り戻せます。まずは練習、体感してみてください。

雑談追記

マイルールをいくつか書いてきて例えば「8.9勝ちで伸びた場合はルック」とかありますが、実際にそれが正解かは結果論に過ぎません。

観察してると普通に切れることもあるし結果的に何も考えずに6ツラから逆張りしてたら5マーチン以内に10セット勝ててた、なんてこともざらにあります。

それでもマイルールを作った理由は、必ず交通事故が来るからです。
6ツラ後に逆張りをすると11ツラができたら負け(=交通事故)なわけですが、ずっと見てるとそりゃたまに見ます。

この11ツラとかをなんとか避けれる可能性を残したいという考えからマイルールを考えたんです。一番ダメなのは感覚でやって「あー、入っておけばよかった」という後悔をすることです。

マイルールは絶対なので後悔はしなくなります。それで負けたら納得もできるというものです。
なのでマイルール作成&徹底は大事なんですが僕の伝えたマイルール通りにする必要はありません。

慣れてきたら自分のマイルールでも全然大丈夫です。例えば「8.9勝ちが3回続いたらそろそろ弱くなるだろう」なんていうのもありです。

マイルールは人それぞれ。そしてあくまで結果論。
その理解の上自分なりに探ってみてください。

実際に自分も含めて周りもかなり勝ってるのでこのやり方が期待値高いのは確かです。
また、僕の連れは4連勝の後、5日目にベットを倍にして1勝負目から交通事故にあい利益が吹っ飛び累計マイナスになりました。

しかしその後怒涛の連勝を続け今では原資の10倍を超えています。(短期間でこれはやりすぎですけどね笑)
つまり仮に初日に運悪く負けてもよーく観察してみてください。交通事故は明らかに少ないです。
これは交通事故に遭う前にいかに勝ち逃げできるか、の手法です。

あとは5マーチン行く前にビビッて損切りすることも別に悪くないです。3マーチンやって負けてリセットしても7セットでチャラです。
リセット後にベットを上げることで半分のセットでチャラに持って行けたりもします。
そこら辺は個人個人の裁量で自由にしてもらえればいいと思います。

今現在僕は負け無し28連勝ですが、途中損切りしてやり直しをして勝ったこともありますし多少なりとも運に助けられたこともあります。
皆さんにもぜひ連勝記録を作ってほしいですが、あくまで日単位で見るのではなく、月単位、年単位で必ずプラスにもっていく!
という気持ちでやっていただければきっと負けることは余程運が悪くない限り無いかと思っています。

ではでは、discordのサロンで色々とやり取りできるのを楽しみにしています♪

その他の重要な追記

現在、1,300名を超える方がサロンに加入してくれています。

新規の方はなかなか過去ログを追うことも大変でしょうが、こちらではアップデートしていない、サロン内で追加ルールとして定められたものがそこそこあります。ぜひログも見るようにしてください。

こちらのページに記載していないことで2点、大事な事をここで追記しておきます。

①ばっかすさんのツールは導入しましょう(2020年6月13日以降有料となりました)
②二段階ストッパー(+同時切れ目)と呼ばれる出目は覚えましょう

ばっかすさんツールはこの手法のKIHON、二段階と呼ばれるインポイントの1つ前で通知してくれるツールで、全体の罫線の把握もできる
とても便利なツールです。noteが有料時代には無料で配っていましたがnoteの無料開放に伴い既存のサロン生との公平性を保つ為
有料とさせていただきました。もちろん無しでもバカラはできますがやはり入手をお勧めします。

【初心者の方】
まずバカラのルール(罫線の点灯ルール等)を頑張って覚える→PDFのKIHONを覚える→新規の方はまずここ部屋を見て追加ルール(二段階ストッ
パー、切り替え推奨ポイント等)を覚える→事例部屋を見たり配信を聞いて理解を深める。
という流れで進めましょう
資金管理の部屋でも基本的な考え方を書いていますし5発ではなく4発のやり方についても書いています。参考にしてみてください。
現在はYOWAME改という手法が特に人気が出てきていますがこのやり方も専用部屋にざっくり記してあります。
配信等通じてレクチャーしています。

【サイトについて】
特にお勧めなのはアジアゲーミングです。
こちらは今現在テーブル数が30台以上もあり、チャンスがめちゃくちゃ多いイメージです。

エボリューションもマイクロももちろん悪くないですが、個人的には今の状況ならアジアゲーミングをお勧めしています。

たまにサロン内でやるボイチャ配信もアジアゲーミングを開きながらやることがメインなので、「ボイチャ配信から学びたい!」という方はアジアゲーミングを見てみてください。パイザカジノ内ならクレジット移動は数秒で出来ますよ!